沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄内か米国発か 基地のコロナ大感染どこから? 独立記念日との関連も

2020年7月14日 05:50

 在沖米軍基地で新型コロナウイルスの感染が止まらない。どこから発生し、どう拡大しているのか-。クラスター(感染者集団)の流れは追えないままだ。専門家は「感染源が米軍かどうかもまだ断定できない」と強調する。ウイルスは一体、どこから来たのか。(社会部・篠原知恵、下地由実子)

想定される米軍基地の感染パターン

■対策確認できず

 米軍は、国外移動を伴う人に、日本への出発前と到着後で14日ずつ計28日間、行動を制限して隔離する対策を取っていると説明する。きっちり守られているならば、ウイルスの潜伏期間は自由に行動できないため、米本国からウイルスを持ち込むとは考えづらい。

 だが、どれほど徹底されているか沖縄側が確かめるすべはない。日本国内の民間空港の検疫で行われるPCR検査もなく、米国発の可能性は捨てきれない。

 一方、県内は68日連続で感染ゼロが続いたものの、6~7月のPCR検査件数は1日当たりゼロの日もあるなど低調で、感染の端緒を見逃す恐れがあった。

 1日に200人規模の感染発生が続く東京都など、県外との人の往来が活発になる中で、米軍関係者が基地外(沖縄の市中)で感染したのをきっかけに、軍隊内で広がったとの見方も専門家の間で出ている。

■観光客らと接触

 基地内クラスターの始まりは7日の普天間飛行場、9日のキャンプ・ハンセンから。新型コロナの潜伏期間は2週間以内とされ、感染から発症までの平均は5日程度とされる。米軍関係者の確定日から逆算すると、4日の米国独立記念日前後に感染した可能性が高いとの見方が強い。当時、観光客や地元客も含めて基地内外で大規模なパーティーや集まりがあった。

 県は、さらに軍の中の団体行動で感染が拡大したとみている。だが依然、米軍の衛生当局からの公式情報は届いていないという。

 県立中部病院の高山義浩医師は「米本土からの移入よりは、沖縄県内での感染と考えて警戒を高めた方がよい。基地内でのPCR検査態勢が強化されたことが、多数の診断につながっている可能性がある。県内での検査態勢を強化し、同様に感染の実態を明らかにする必要がある」と指摘する。


もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間