【ニューヨーク共同】週明け13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前週末比10・50ドル高の2万6085・80ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスのワクチン開発に対する期待感が相場を下支えした。

 ニューヨーク証券取引所=13日(UPI=共同)

 米製薬大手ファイザーなどが13日、共同開発の新型コロナのワクチン候補について、米当局から優先承認審査の対象として指定を受けたと発表したことが買い材料となった。

 ダウ平均の上げ幅は一時、560ドルを超えた。しかし、カリフォルニア州で新型コロナの感染者数の増加を受け、レストランの店内飲食などが禁止されることが伝わると、上昇幅を縮めた。(共同通信)