沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍、ホテルでのコロナ隔離を終了へ 国・県・北谷町に説明

2020年7月14日 12:23

 在沖米海兵隊が新型コロナウイルス対策として沖縄県北谷町内のホテルを借り上げ、国外、県外からの人事異動者らを対象にした隔離措置を行っている問題で、米海兵隊のニール・オーウェンズ大佐は14日、来週をめどに、県内の基地から国外、県外へ異動する者の一時的な滞在場所として、ホテル利用の運用を変更すると国、県、町に説明した。

在沖米海兵隊が隔離措置に使用しているダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート=9日、北谷町

 米海兵隊は同日午前、隔離措置を実施している北谷町美浜のダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートに、沖縄防衛局、外務省沖縄事務所、県、町の職員を招き、ホテルの運用について説明した。

 オーウェンズ大佐は、「現在ホテル内で宿泊している国外、県外からの異動者の隔離期間が今週いっぱいをめどに終了する」と説明。その後は県内の基地から国外、県外に異動する者の滞在場所として使用するとした。

 また、基地内からホテルに移動する際にも「検査を実施し、新型コロナウイルス感染の陰性が確認された上で移動させる」と説明した。一方で、ホテルの利用期間については未定として、明確にはしなかった。


もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間