【東京】政府と沖縄県は、新基地建設を巡る訴訟の和解事項について協議する作業部会を31日、首相官邸で開き、米軍キャンプ・シュワブ陸上部分の工事のうち、県は隊舎2棟の工事再開について、容認する考えを示した。生コンクリートプラントの建設について県は改めて拒否し、国も着手しない意向を伝えた。