沖縄タイムス+プラス ニュース

「みんなの気持ち 涙が止まらない」 コロナで中止した結婚式予定日 同級生らサプライズ挙式

2020年7月15日 06:00

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で結婚式が中止となった新郎新婦をお祝いしようと、式が予定されていた6月27日、同級生や模合仲間、草野球チーム「グレイスBBC」のメンバーらが同級生が経営する居酒屋(沖縄県本部町)に集合し、小さな結婚式を開いた。

お祝いに駆け付けた同級生と友人ら=6月27日、本部町内の居酒屋

新郎の新川雅彦さんと新婦の奈美さん=6月27日、本部町内の居酒屋

お祝いに駆け付けた同級生と友人ら=6月27日、本部町内の居酒屋 新郎の新川雅彦さんと新婦の奈美さん=6月27日、本部町内の居酒屋

 手作りの蝶(ちょう)ネクタイを結んだ新郎の新川雅彦さん(46)と、手作りのウエディングベールに包まれた新婦の奈美さん(43)が「新郎新婦、入場」の掛け声で登場し、着席。驚きとうれしさで感極まった新婦の奈美さんがハンカチで涙を押さえると、参列者も目を潤ませた。

 参加者による即席かぎやで風で幕開け。雅彦さんの先輩の喜納政樹さん(47)は乾杯の音頭で「披露宴の中止は残念だったが、今日は一生の思い出に残る良い会だと思う。この絆を今後もつなげてほしい」と祝福。ケーキ入刀も行われ、盛り上がった。

 2人は去年の夏に恩納村内の結婚式場を予約したが、4月に中止を決断。雅彦さんは「こんな計画を立てていたとは」と驚き「同級生や集まってくれたみんなにありがとうを言いたい」と感謝。奈美さんは「みんなの気持ちがうれしくて、涙が止まらなかった」と笑顔だった。

 発起人の一人、當間強さん(46)は「彼は縁の下の力持ち的存在で、野球だと背番号のないエース。たくさんの感謝とおめでとうを伝えたくて計画した。幸せになってほしい」と願った。(仲間里枝通信員)

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ