沖縄でドライブインシアターを復活させようと、20代を中心に結成されたチーム「ZOMTAME(ズムタメ)」が3、4の両日、中城村の中城モールで映画「スパイダーマン」を上映した。村内外から2日間で親子連れなど160組が参加、車内にいながら映像と音楽を満喫し、楽しんだ。ズムタメでは同様のイベントを今後も実施予定で、必要経費をクラウドファンディングで募っている。

ドライブインシアターで車内から映画を楽しむ観客。ハザードランプが拍手のかわりとなった=7月4日、中城村中城モール

 ドライブインシアターは、観客同士の接触を避けることで、新型コロナウイルスの感染防止になるだけでなく、親しい人と食事や会話をしながら映画を楽しめることが魅力。家族4人で八重瀬町から訪れた具志知幸さん(35)は「外国でやっているイメージだったが、とても良かった。子どもたちとおしゃべりしながら鑑賞できる。次回はディズニー映画を」と期待した。クラウドファンディングへの協力に対する「お返し」として、支援金1万円で映画エンドロールへの氏名掲載、3万円で映画上映前の1分間の協賛動画枠提供などがある。目標額は80万円。支援は沖縄タイムス社のサイト「Link―U(リンクユー)」で受け付けている。