性的指向や性自認を含めた「多様性の尊重」をうたう条例の実現が、宜野湾市と浦添市で相次いで頓挫している。宜野湾市議会は6月定例会で、条例案を与党会派の反対多数で否決。性の多様性を認め合う「レインボー都市」を宣言し、県内初の条例制定を目指していた浦添市は、議会提案にも至っていない。