喜劇の女王、仲田幸子さん(87)が新たな拠点「民謡スナック 仲田幸子の店」を那覇市久米にオープンした。店内には小さなステージを準備しており、仲田さんは「お客さんを喜ばせたい」と意気込んでいる。

「人と会うのが財産だよ」と店の再開を喜ぶ仲田幸子さん=15日、那覇市久米

 仲田さんは舞台と並行して約40年にわたり営業してきた那覇市松山の「仲田幸子芸能館」を、建物の老朽化で5月末に閉めた。

 「もともと寂しがり屋。閉店で気が狂いそうだった」と仲田さん。知人の紹介で店舗を探し、11日に新規オープンにこぎつけた。常連客を中心にお客さんが集まり「うれしい」とカラオケの合いの手を入れる。

 共に店に立つ孫のまさえさんは「店が再開して、ますます元気になってきた」とうれしそうだ。

 「仲田幸子の店」は午後8時開店。日曜定休。問い合わせは電話098(868)5228。