大阪・梅田と神戸を結ぶ阪急電鉄神戸線が16日、開通から100周年を迎え、駅や沿線の歴史を紹介する写真パネルの展示が大阪梅田駅などで始まった。

 開通から100周年を迎え、展示された写真パネル=16日午前、阪急大阪梅田駅

 完成した高架線を走る試運転列車。後方は当時の神戸阪急ビル=1936年(阪急電鉄提供)

 開通から100周年を迎え、展示された写真パネル=16日午前、阪急大阪梅田駅  完成した高架線を走る試運転列車。後方は当時の神戸阪急ビル=1936年(阪急電鉄提供)

 阪急電鉄によると、神戸線は1920年7月16日に梅田―神戸(上筒井)間で開通。当初、沿線には田園風景が広がり「綺麗で早うて。ガラアキで眺めの素敵によい涼しい電車」との宣伝文句で知られた。現在は大阪梅田―神戸三宮の32・3キロを結び、梅田駅は1日に平均約51万2千人(2019年)が利用する。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、記念行事は実施しないが、梅田駅のほか西宮北口、神戸三宮、伊丹の各駅でパネルを展示する。(共同通信)