政府系金融機関の国際協力銀行(JBIC)は16日、アフリカ南部モザンビークの液化天然ガス(LNG)開発にメガバンクなどと144億ドル(約1兆5千億円)を協調融資すると発表した。アフリカ向けの融資額では過去最大という。政情不安のリスクがある中東への依存度を減らし、調達先を分散させるのが狙い。

 JBICが30億ドルを融資し、残りを三菱UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行などが担う。モザンビークで開発するガス田では、2024年から年間約1300万トンのLNGを生産し、うち約3割を東京ガスや東北電力など日本企業が買い取る。国内での年間需要の約5%に当たる。(共同通信)