沖縄タイムス+プラス ニュース

唾液で1日100検体のPCR検査 OIST、実施体制整う

2020年7月17日 10:54有料

 【恩納】沖縄科学技術大学院大学(OIST)は16日までに、唾液を検体に使って新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査を実施する体制が整ったと発表した。鼻の奥の粘液を採取する方法よりも安全で簡単に検査できるのが利点。厚労省は6月2日に同検査の実施を認め、公的医療保険の適用対象にした。

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング