JAグループ沖縄とゆがふ製糖(島尻勝広社長)などは17日、サトウキビ生産に情報通信技術を活用したスマート農業を導入する「サトスマプロジェクト」の開始説明会を、うるま市内で開催した。 自動操縦システムなどを取り入れることで農家の負担を省力化し、生産環境の魅力を向上。