沖縄債権回収サービスの宮城博社長は17日、那覇市の沖縄タイムス社を訪れ、九州地方で発生した豪雨災害に対する義援金50万円を託した。宮城社長は「想像以上の被害に、社としていち早く支援すべきだと考えた。復興に役立ててほしい」と語った。同社は昨年10月末に首里城が焼失した後も、復興支援金を贈った。