沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄の米軍コロナ感染、新たに2人確認 計143人で県関係149人に迫る

2020年7月18日 11:53

 沖縄県は18日、在沖米軍関係者2人の新型コロナウイルス感染者が新たに確認されたと発表した。米軍関係者の感染者数は143人で、県関係の149人に迫っている。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 18日に確認されたのは普天間飛行場関係者2人。在沖米軍関係者の感染者は今月だけで140人にのぼっている。

 県が実施した基地従業員13人を含む41人に対する行政検査で、新たな感染者は確認されなかった。


もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ