胃心地いいね

沖縄産の食材をマカロンに 本部町瀬底「りんごカフェ」

2016年9月2日 09:30

 畑が広がる本部町瀬底島の集落の中を進むと、フランス国旗がはためく古民家が現れる。フランス北西部ノルマンディー出身のシェフ、ドロメール・ヴァンソンさん(34)と、妻の慶子さん(42)が営む「りんごカフェ」だ。

人気メニューのマカロン(手前右)、パイナップルタルト(同左)、焼き菓子セット(奥)=本部町瀬底

りんごカフェの場所

りんごカフェを営むドロメール・ヴァンソンさん(右)と慶子さん。フランス国旗が店の目印=本部町瀬底

人気メニューのマカロン(手前右)、パイナップルタルト(同左)、焼き菓子セット(奥)=本部町瀬底 りんごカフェの場所 りんごカフェを営むドロメール・ヴァンソンさん(右)と慶子さん。フランス国旗が店の目印=本部町瀬底

 店はもともと、宮城県塩釜市にあった。2011年、東日本大震災で被災。店内に津波が入り、建物が傾いた。震災後、市内の別の場所で空き店舗を使って再建したが、ことし3月、沖縄に店ごと引っ越して4月に開店した。

 その土地の食材を生かしたお菓子を作ることがモットー。常時20種類をそろえる色とりどりのマカロン(1個150円)には、バナナやパパイア、ドラゴンフルーツ、伊江島産ピーナツなど沖縄の食材がふんだんにクリームに練り込まれている。

 ユニークな泡盛味を食べてみた。バタークリームのやさしい甘さの中に、上品に泡盛が香る。予想外にマッチしていた。

 瀬底島産のパイナップルを使ったパイナップルタルト(400円)は、タルト生地にアーモンドクリーム、ピューレにしたパイナップル、生クリームとカスタードを重ねて焼き上げ、表面にまぶした砂糖をあぶる。表面のカラメルの香ばしさとパイナップルの爽やかな酸味、クリームが口の中でとろける。

 カヌレやブラウニー(共に100円)など、フランスの伝統菓子もそろえる。

 ヴァンソンさんの故郷ノルマンディーはリンゴの名産地で、店名の由来だ。ヴァンソンさんは「フランスでは食後に必ずデザートを食べるほど、お菓子が親しまれている。日常的に楽しんでほしい」と笑顔。慶子さんは「お菓子を通して沖縄とフランスの懸け橋になれたら」と話した。(北部報道部・西江千尋)

 【お店データ】本部町瀬底279。営業時間は午前9時~午後6時。不定休。駐車場あり。電話0980(47)6377。

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
目指せセンバツ 県秋季沖縄大会イニング速報
目指せセンバツ 県秋季沖縄大会イニング速報
来春の選抜大会の切符を懸けて戦う九州大会の出場を目指し「第71回沖縄県高等学校野球秋季大会」の全試合をイニング速報します。
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。