2千円札が2000年7月19日に発行されてから20年が過ぎた。「守礼門」が描かれ、九州・沖縄サミットの開催と同時期に発行されたが、この間、発行高が伸びているのは沖縄だけ。全国では自販機が一部対応していないなど使い勝手の悪さもあり、流通量はピーク時の5分の1程度の1億枚弱で低迷している。