今年で32回目を迎える阿波連小学校(大村朝彦校長、沖縄県渡嘉敷村)の伝統行事「ハナリ島遠泳」が14日にあった。阿波連ビーチの沖約1キロ先にあるハナリ島へ船で移動し、1年生から6年生までの「あはりっ子」20人がビーチを目指し、泳ぎきった。

ゴールの阿波連ビーチで完泳を喜ぶ阿波連小児童たち=14日、渡嘉敷村

 身近な海洋自然に触れ合い、愛郷心を育てることなどを目的に実施している行事。保護者や教師、ダイビング協会スタッフや青少年交流の家スタッフのサポートを受けながら児童たちがゴールを目指した。

 今年は天気に恵まれ、追い風も味方し、ゴール地点では、地元の人が太鼓をたたいて声援。例年だと1時間近くかかるが、今年はトップが約40分、全体でも45分で見事完泳した。

 最後となった6年生8人は「きれいな海で最後まで泳げてうれしかった。応援してくれた地域のみなさんに感謝」と声をそろえた。初挑戦した1年生の玉城すみれさんと仲宗根愛真えまさんは「少し流されたけど最後まで泳げて楽しかった」と笑顔を浮かべた。

 児童たちにはライフジャケットを着用して完泳した「完泳賞」、ライフジャケットなしでサポートと一緒に完泳した「スーパー完泳賞」、自分の力だけで泳ぎ切った「パーフェクト完泳賞」がそれぞれに贈られた。(新垣聡通信員)