沖縄タイムス+プラス ニュース

国内線で初 唾液の新型コロナ検査 那覇空港 きょう22日から導入

2020年7月22日 05:00

 玉城デニー沖縄県知事は21日、県庁で会見し、新型コロナウイルス感染者の早期発見のため、政府の観光支援事業「GO TO トラベルキャンペーン」が始まる22日から那覇空港で唾液による抗原検査を実施すると発表した。空港入り口のサーモグラフィーで37・5度以上の発熱が確認された場合、感染が多い地域からの渡航、感染者との濃厚接触の有無などを聞いた上で、本人の了承を得て検査する。法令上、検査を強制することはできないため任意となる。県によると、国内線の利用者を対象にコロナの検査態勢を空港内に整えるのは全国で初めて。

政府の観光支援事業「GO TO トラベルキャンペーン」が始まるのを前に、空港での検査態勢を強化すると発表する玉城デニー知事=21日、県庁

 抗原検査は30~40分で結果が判明するため、約1日かかるPCR検査と比べて検査対象者が足止めとなる時間が少なく、結果判明前に空港の外に出るリスクを抑えられる。

 県は発熱者の鼻や喉から検体を採取する抗原検査の実施に向け、医師の確保を急ぐ。那覇空港にある厚生労働省那覇検疫所の支所を借りる方向で国と調整も進める。鼻や喉からの検査は簡易キットが開発されており、空港内から検体を外部に出さずに済む利点がある。だが、実現には時間がかかるため、当面は医師を介さずに済む唾液を採取して県内の医療機関に運んで検査する態勢をとる。

 県は、那覇空港内に旅行者専用相談センター(TACO)を開設したが、観光関連事業者からは空港内で検査できる態勢を構築するよう要望が挙がっていた。

 一方、県は離島地域での感染防止のため22日に宮古空港と新石垣空港にもTACOを設置する。久米島空港は17日から運用が始まっている。下地島空港は準備が整い次第、始める。

 玉城知事は「キャンペーンが始まることが決まっている。観光立県沖縄として県民の生活や暮らし、就業を安全安心の中でしっかり支えていく」と述べた。

連載・コラム
きょうのお天気