宜野湾署は21日、行方不明になっていた高齢女性の情報提供を呼び掛けたラジオ沖縄(ROK)と、女性を見つけて110番通報した北谷町役場職員の金良宗高さん(37)にそれぞれ感謝状を贈った。下地忠文署長は「迅速な放送と行方不明者の早期発見・通報をしてくれた。目に見えない見事な連携プレーだった」と感謝した。

下地忠文署長(右から2番目)から感謝状を受け取る金良宗高さん(同3番目)と前川英之社長(同4番目)=21日、宜野湾署

 行方不明となった女性の家族が6月18日午前11時前に同署へ捜索願を出し、県警はすぐさまラジオ沖縄に情報提供を求める放送を依頼。その日の午後2時半からの番組冒頭で呼び掛けた。金良さんは北谷町北前のハンビータウン付近を運転中、ラジオで伝える内容に似ている女性が歩いているのを発見。車を降りて声を掛け、同2時40分に110番通報したという。

 金良さんは「普段からラジオを聞いていて、今回たまたま発見し、助けることができた」と話し、ラジオ沖縄の前川英之社長(60)は「依頼を受けたら迅速に放送している。それが役に立って良かった」と笑顔を見せた。