沖縄タイムス+プラス ニュース

「観光に依存し過ぎた」沖縄・国際通りの悲痛な声 80店が閉店や休業

2020年7月24日 05:00

 新型コロナウイルスの影響で、国際通り(那覇市)の土産店や飲食店など約80店が閉店や休業を余儀なくされた。「観光客に依存し過ぎていた。新型コロナが来た時には、既にどうすることもできなかった」。通り沿いの店からは悲痛な声が漏れた。(社会部・光墨祥吾)

「Go To トラベル」が始まり、国際通りを歩く観光客。臨時休業している飲食店の窓には「テナント募集」の貼り紙があった=22日午後、那覇市(国吉聡志撮影)

 国際通りを歩くと、張り紙もなくシャッターが閉まったままの店や、営業再開のめどが立たず、「長期休業」と書かれた看板を掲げる店もある。観光客の姿もまばらだ。

 通り沿いに店を構えていたある土産店は、4月ごろに閉店を決め、6月には店舗資材の搬出作業などを進めた。現在は空き店舗になっている。60代の男性オーナーは「売り上げが激減する中、高い家賃を払い続けなければいけない。とても営業を続けられる状況ではなかった」と語る。

 オーナーによると、新型コロナの影響で、3月は普段の売り上げの4割減となり、4月には7~8割減。外国人観光客はゼロで、国内の観光客も半分以下になっていた。

 「自分たちでは、どうすることもできない状況になっていた」と振り返る。国際通りは「あまりにも観光に依存している。観光客と共に、地元の人もにぎわう場に変わることが理想だ」と訴えるが、「もう難しいのではないか」と肩を落とす。

 臨時休業を続ける店もある。国際通りで数十年間営業を続けているアクセサリー店は4月中旬に休業。6月には時間を短縮するなどして再開を考えていたが、客は戻らないと感じ、断念した。

 店を開ければ、感染するリスクに加え、電気代や人件費もかかる。60代の男性店長は「この状況がいつまで続くのか分からない怖さがある。ただ、長く続けてきたこの店を閉めることは考えたくない」と胸の内を明かす。

 現在は通販でアクセサリーを売り、収入を得ている。店は閉まったままだが、平日は店に訪れ、換気や掃除をする。いつでも開店できる準備を続けるが、「再開のめどは立たない。絶望的な状況だが、どうにか生活していくしかない」と話した。

連載・コラム
きょうのお天気