辺野古を巡る県と国の争いは9度目の裁判に発展した。強権的とも映る国の是正指示の在り方について、司法は国と地方が対等とする地方自治法の趣旨をどのように判断するのか、注目が集まる。