化粧品の製造・販売を手掛けるポイントピュール(久米島町、大道敦社長)は台湾の大手化粧品メーカーとOEM(相手先ブランドによる生産)契約を結び、9月からフェースパックの製造を始める。台湾出身の社員がいることや品質管理の国際規格を取得していることが評価され、初年度は1200万枚の生産を予定している。