沖縄タイムス+プラス ニュース

コロナ払いの願い込め 全国一斉に花火打ち上げ 沖縄でも

2020年7月25日 08:32

 沖縄県の糸満青年会議所(JC)とうるまJCは24日午後8時から1分半、それぞれ50発の花火を打ち上げた。日本青年会議所が主催する全国一斉花火プロジェクト「はじまりの花火」の一環。鮮やかな光と音が、沖縄の夏の夜空を彩った。

糸満市の夜空を彩った打ち上げ花火=24日午後8時1分(国吉聡志撮影)

 この日は東京五輪の開会式が開かれるはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大で延期になった。日本青年会議所は、社会に漂う閉塞(へいそく)感を打開しようと各都道府県でプロジェクトを実施。花火は糸満漁港とうるま市石川野球場から打ち上げられた。

 家族で花火を見た糸満市喜屋武に住む花屋の大保由美子さん(40)は「コロナで売り上げが減った。花火とともに早くコロナがなくなってほしい」と願った。

 糸満JCの玉栄樹理事長は「顔を上げて花火を見て、未来へ、新しい自分を始めてほしい」と話していた。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間