沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄の米軍感染者、205人に 県内では新たに幼児の感染も 警戒強化は見送り

2020年7月25日 08:08

 在沖米海兵隊は24日、新型コロナウイルスで新たに41人の陽性を確認したと発表した。27人が普天間飛行場、14人はキャンプ・ハンセンのクラスター(感染者集団)に関連している。米軍嘉手納基地も新たに1人の陽性を発表し、米軍の新規感染者数は42人、累計で205人になった。一方、県は新たに県民10人の陽性を発表した。1日に2桁の判明は、同じく10人だった4月15日以来。週間の新規感染者は23人となり、県が警戒レベルを引き上げる根拠とする7指標のうち3指標で第2段階(流行警戒期)に当たる。玉城デニー知事は、警戒レベルの引き上げを見送った。

コロナ感染が確認された在沖米軍基地

県内関係の患者(7月24日県発表)

コロナ感染が確認された在沖米軍基地 県内関係の患者(7月24日県発表)

 県内の感染者数は累計で172人。24日は、県内の未就学児では初となる那覇市の6歳未満の幼児の感染も判明。親族からの感染とみられる。感染が分かった10人中、調査中を含めた感染経路不明は4人を占めた。

 玉城知事は第2段階への引き上げを見送る一方で「警戒レベルは第2段階に移行しつつある」との認識を示した。

 県の警戒レベルは4段階あり、現在は第1段階(発生早期)。第2段階になると、沖縄と県外感染地域との間の移動自粛を要請することになる。ほかに第2段階となった指標は入院患者数と、週間の感染経路不明な症例の割合。

 知事は県庁で記者会見し、引き上げ見送りの理由を「ただちに医療体制が逼迫(ひっぱく)する状況ではないことなどを、総合的に判断した」と説明。判断の時期は「4連休中、連休以降の感染状況を注視して検討する」と述べた。

 県保健医療部は24日午前の時点で、海軍病院からの報告で米軍の新規感染者をハンセン2人としていた。海兵隊の発表を受け海軍病院に確認したところ、41人以上の感染者が出た可能性もあるという。

 知事は基地従業員のPCR検査に関し「雇用者である国の責任で、全員の検査をしっかり行うよう、重ねてお願いしたい」と強調した。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気