沖縄タイムス+プラス ニュース

「ウイルスより人間が怖い」 家族がコロナ陽性 経営外された男性 従業員から「隠蔽」と非難

2020年7月25日 05:00

[新型コロナ 備える今]

新型コロナウイルスの検査結果を示すモニター。グラフ右側のような増幅曲線を描けば陽性。家族が感染した男性は「検査数が十分かなどフォロー態勢の点検を続けてほしい」と訴えた=6月24日、うるま市・県衛生環境研究所

 新型コロナに感染しているかどうかを判定するPCR検査。一度は保健所に「しなくていい」と言われたのに-。本島に住む自営業の50代男性は、3月に感染した家族をスムーズに調べてもらえなかったことから職場の経営を外されることになった。検査を待たされた形の数日間を「情報を隠した」と受け取った従業員の不信を抑えきれなかった。「行政には、十分な検査態勢などフォローの大切さを考えてほしい」と経験談を明かした。

 3月下旬、県外の大学に通う子どもが帰ってきた。3日後に37度5分の熱。男性は「実家で気が緩むから。いつも通り」と思っていた時だった。子どもに、帰省前の会食相手から「コロナ陽性になった」と連絡が入った。

 男性が保健所に相談すると「検査はいらない」と言われ、ほっとした。実際には、せきや発熱などの症状が4日以上といった当時の検査枠に当てはまらなかっただけ。子どもが「においも味もしない」と訴えた4月初めに再び連絡し、病院で5時間待って検査。陽性だった。

◇    ◇

 新型コロナウイルス感染症に対応する態勢が整いきっていなかった3、4月の流行第1波で、患者たちは情報不足や偏見にも苦しんだ。県内で69日ぶりの感染確認となった7月8日から24日までに検査陽性の30人中、11人は感染源を絞りきれないままだ。市中感染の広がりが懸念され、「第2波が発生しているという強い危機感」(玉城デニー知事)のある今、予防や検査、医療の備えは十分なのか。感染者本人や家族らの経験談から検証する。(社会部・堀川幸太郎)

連載・コラム
沖縄タイムスのイチオシ
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
「デジタルから新聞の未来を考える」本紙記者らが解説 26日午後7時から
「デジタルから新聞の未来を考える」本紙記者らが解説 26日午後7時から
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。