沖縄の米軍が嘉手納基地内で実施している第353特殊作戦群の駐機場エリア拡張工事に伴う文化財調査で、戦前の屋敷跡や貝塚時代後期とみられる土器の破片などが見つかったことが、24日までに分かった。嘉手納町教育委員会町史文化財係の宮里知恵さんは「町は大部分が基地で接収された。