沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄で新たに6人感染 米軍は8人感染【26日午後2時45分】

2020年7月26日 14:28

 沖縄県は26日、県内で新たに飲食業店員ら20~50代の男女6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。同日午後3時過ぎに玉城デニー知事が記者会見し、詳細を発表する。県内の累計感染者は192人となった。

 県によると、新たに感染が分かったのは会社経営の50代男性=那覇市、会社員の40代男性=宜野湾、飲食業の30代女性=浦添市、飲食業の20代女性=宜野湾市、飲食業の20代女性=那覇市、会社員の40代男性=那覇市。6人の男女のうち、男性2人の感染経路が追えていない。 

 県内では25日、1日の確認数としては米軍関係を除き最多となる14人の感染が明らかになっている。 

 在沖米海兵隊は26日、新型コロナウイルスの陽性者が新たに8人確認されたと公式フェイスブックで発表。7人がキャンプ・ハンセン、1人が普天間飛行場のクラスターと関連しているという。在沖米軍の感染者は25日時点で229人となっている。

連載・コラム
沖縄タイムスのイチオシ