子どもの貧困解消に取り組む沖縄子どもの未来県民会議の事業推進部会(部会長・島村聡沖縄大准教授)は5日、県庁で第4回会合を開き、県民から募った寄付金の最初の支援先を、児童養護施設や里親家庭で暮らす進学希望の高校3年生とする方向性を確認した。