沖縄タイムス+プラス ニュース

【速報】県立宮古病院の20代職員が感染 沖縄本島滞在後に発熱

2020年7月29日 16:36

 沖縄県は29日、県立宮古病院で職員の20代女性1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。宮古島市で感染が確認された初めての患者となる。県立病院で感染が確認されたのも初めて。同病院は院内に対策本部を立ち上げ、手術の延期や病棟の再編成などをした上で、診療は継続する方針。

(資料写真)新型コロナウイルス

 県病院事業局によると、女性は23日から26日に沖縄本島(那覇市内)に滞在。27日午前中は同病院でマスクを着用した上で勤務をしていたが、昼前から体調不良を感じ、午後に帰宅。同日夕方に発熱し、翌28日に抗原検査で陽性が判明した。

連載・コラム
きょうのお天気