沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古 文書不開示は適法 那覇地裁判決 不存在には疑義

2020年7月30日 15:41有料

 名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局がボーリング調査に関する行政文書を不存在を理由に不開示としたのは違法として、平和市民連絡会の北上田毅さんが国に決定の取り消しを求めた訴訟の判決が29日、那覇地裁であった。山口和宏裁判長は原告側の主張は納得する部分があると指摘。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気