障がいのある人の兄弟や姉妹の悩みに寄り添おうと、当事者らが「きょうだいの会 わたぼうし」を立ち上げた。障がいが重いほど親はその子にかかりきりになり、ほかのきょうだいは人知れず寂しさや自己否定の感情を抱えてしまいがちといわれる。