県が那覇市松山のスナックやキャバレーなどへの休業要請を発表した30日、社交業団体は要請に理解を示しつつ、店舗の規模に合わせた協力金の増額などを要望した。ただ、要請により松山への客足が減るのは必至。飲食業団体は社交業に限定した支給を疑問視し「影響を受ける業種はすべて支給対象にするべきだ」と訴えた。