30日に死去した台湾の李登輝元総統は、沖縄の発展の可能性に言及。2008年に本島、16年に石垣島を訪れ、沖縄と台湾との交流の深化に期待していた。ゆかりのある県内の関係者からは悼む声が上がった。