沖縄県教育庁は30日、中度・重度の知的障がいがある生徒が県立高校で学ぶための「学びの教室(仮称)」を来年度に設置することを明らかにした。定員は3人程度でモデル校1校に設置。設置する学校の保護者など関係者への説明を経た上で、9月中に学校名を公表する。県教育委員会会議で報告した。