沖縄県名護市古我知区の民家の窓ガラスに28日午後、大きな衝撃音が響いた。家主の山城啓さん75がベランダに目を向けると、赤い色の鳥がぐったりしている。すぐにアカショウビン(カワセミ科)だと察した山城さん。同時に、野鳥を捕まえるのが大得意の、10歳のオスの飼い猫「てん」のことが頭に浮かんだ。とっさにアカショウビンを保護し、部屋の中で介抱したという。

脳振とうを起こし元気になったアカショウビンと一命を救った山城啓さん=28日、古我知区の山城さん宅

 山城さんは「この時期は繁殖期。脳振とうを起こしたアカショウビンは、餌を探していた親鳥が迷って突き当たった可能性がある」と推測する。山城さんとアカショウビンの様子を、てんが軒下でうかがう中、アカショウビンは約1時間後に閉じていた目を開け、山城さんの指にかみつくまでに回復。元気を取り戻したため、同区の通称「ムナサバル(胸佐原)」で放鳥したという。

 大きな赤いくちばしが特徴のアカショウビン。この個体は体重約300グラム、全長約28センチだったと話す山城さん。「30年住んでいるが、野鳥が窓にぶつかったのは初めて。アカショウビンを方言でファールと呼んでいたが、おそらく『キョロロロ』という鳴き声が由来なのではと思う」と話し、「保護したファールがムナサバルの山奥へ瞬く間に飛んで行ったのは、何より」とうれしそうに話した。(玉城学通信員)