全国の刑務所をめぐり、元受刑者を積極的に雇用している北洋建設(札幌市)の小澤輝真(てるまさ)社長(45)が7月31日、南城市の沖縄刑務所を初めて訪れ、受刑者と面接した。難病「脊髄小脳変性症」を患っている小澤氏は2012年、医師に余命10年と宣告された。