「本来『庭』とは『見る』ためだけのものではなく、『使う』ためのもの」。今江秀史さんは新著「京都発・庭の歴史」で、その見た目に基準をおいてきた庭の解釈に、一石を投じている。