▽今中博之著「アトリエ インカーブ物語」 「知的障がい」があるアーティストらの工房を設立したソーシャルデザイナーが、四肢に先天的な障がいがある自身の半生と、約20年に及ぶ工房の軌跡を記す。デザインとアート、福祉と市場の関係を模索しながら社会を動かしていった葛藤と闘いの記録。