那覇市の赤嶺トンネル工事現場内で発見された米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理作業が2日午前10時から現地である。

不発弾処理那覇市赤嶺

 避難半径は88メートル、避難対象は50世帯約100人。午前9時10分から避難開始、9時50分から交通規制が始まる。作業処理に伴い、モノレールの運休やバス路線の運行経路変更がある。

 作業終了予定は午前11時。現地対策本部は赤嶺自治会館、避難場所は赤嶺市街地住宅集会所。