沖縄タイムス+プラス ニュース

FC琉球が今季初勝利 岡山に2―1

2020年8月1日 21:05

 サッカー明治安田生命J2第9節は1日、FC琉球は岡山県のシティライトスタジアムでファジアーノ岡山と対戦し後半39分、阿部拓馬が決勝ゴールを決めて2―1で勝利した。通算成績は1勝4分け4敗で、今季9試合目で初勝利を飾った。

 琉球は前半16分、岡山に中央を崩されて先制を許したが、ボールを支配して優位に試合を運んだ。すると後半14分、ゴールから約22メートルのフリーキックをMFの上里一将が左足で決めて追いついた。そして39分、右サイドバック田中恵太のシュートをGKがはじき、詰めていたFW阿部がワントラップして右足で決勝ゴールを奪った。

 前節から中2日のアウェーという厳しい日程の中で疲れも見られたが、最後まで集中を切らさなかった。FW上原慎也は後半途中に出場し、J2通算200試合を達成した。

 岡山は先発した県出身のMF上門知樹が好守にわたって好プレーを見せたほか、後半28分にはFW赤嶺真吾が出場した。

 琉球は8日午後6時から味の素スタジアムで東京ヴェルディと対戦する。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気