沖縄戦で住民を巻き込む起点となった旧日本軍第32軍司令部壕を巡り、2012年度の県調査の過程で、専門家らが部分公開の可能性を指摘していたことが1日、分かった。