7月の豪雨で被災した熊本県芦北町の白石地区で1日、損壊した球磨川沿いの県道が開通し、9世帯23人がとどまっていた地区の孤立状態が4週間ぶりに解消した。人吉市は被災者向け市営住宅入居の抽選を実施、罹災(りさい)証明書の交付も始めた。