トヨタ自動車グループの部品メーカー各社が、殺菌装置や介護器具など事業の多角化を加速させている。電動化や自動運転など「CASE(ケース)」と呼ばれる次世代技術の台頭で事業環境が激変し、足元では新型コロナウイルス流行で自動車需要の先行きに不透明感が出ている。