台風4号は2日午後9時現在、石垣島の南約80キロの海上を時速約15キロで北北西へと進んでいる。発達しながら3日未明から明け方にかけて先島諸島に最接近する見込みで、沖縄気象台では土砂災害や浸水、冠水、高波、暴風に警戒するよう注意を呼び掛けている。

台風4号の進路図(気象庁HPから)

 気象庁によると、台風4号の中心の気圧は996ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は23メートル。最大瞬間風速は35メートルで、中心の東側330キロ以内と西側165キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 沖縄気象台によると3日午前0時までに風速25メートル以上の暴風域を伴い、八重山地方では猛烈な風が吹く見込み。同9時には与那国島の北北東約120キロまで進むとみられ、中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルが予想される。

 先島諸島は3日朝に掛けて潮位が高くなるとみられ、海岸や河口付近での低地は高潮による浸水や冠水に注意が必要。本島地方も発達した積乱雲の下で落雷や突風、急な強い雨に注意するよう呼び掛けている。

 沖縄旅客船協会によると、2日午後5時現在、八重山地区で13便、宮古地区で3便、沖縄本島地区で4便の計20便が欠航した。3日は八重地区で第1便7便が欠航を決めた。八重山地区の第2便以降は天候で判断する。宮古・沖縄本島地区は3日早朝に判断する。