三重県は3日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、独自の「緊急警戒宣言」を出すと決めた。新型コロナ特措法に基づき、県民に対して東京、愛知、大阪、福岡、沖縄5都府県などの繁華街への移動自粛を要請した。

 県独自の「緊急警戒宣言」について記者会見で説明する三重県の鈴木英敬知事=3日午後、県庁

 県内の繁華街では、感染防止対策が不十分な飲食店などの利用を控えるよう求めた。感染者が急増している地域に住み、三重県に帰省などを検討している人に対しては「今その必要があるか、立ち止まって考えてもらいたい」と呼び掛けた。

 三重県は4月にも独自の「感染拡大阻止緊急宣言」を出し、11都道府県への不要不急の移動自粛を求めた。(共同通信)