沖縄気象台は3日、沖縄の南の海域で7月の海面水温が平年より1度高い30・3度となり、解析値のある1982年以降で最も高かったと発表した。太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多かったことが要因。今後1カ月の海面水温も平年よりかなり高くなる見通し。 2017年の30・2度、16年の30・1度を上回った。