琉球古典音楽安冨祖流絃聲会の新会長に照喜名進氏が就任した。6月30日に新役員を伴い沖縄タイムス社を訪れた照喜名会長は「会として歌や手の統一に取り組みながら、中堅や若手実演家を育成したい」と抱負を話した。 そのほかの役員は次の通り。