沖縄総合事務局財務部は4日、7月の管内経済について「新型コロナウイルスの影響で極めて厳しい状況にあるが、足元では下げ止まりの動きがみられる」との判断を示した。「極めて厳しい状況」とした4月の景気判断から上方修正した。上方修正は2017年7月判断以来3年ぶり。