東京都が都内2カ所にある施設を活用し、新型コロナウイルス治療の専用病院を開設する方向で検討していることが5日、関係者への取材で分かった。都内でコロナ専門病院が開設されるのは初めて。感染者増加に歯止めがかからない中、主に軽症、中等症の患者を受け入れる。

 東京都庁

 医療体制の強化につなげる考えだが、現在入院している患者の転院など課題も残っており、詰めの調整を進めている。

 関係者によると、活用されるのは、東海大医学部付属東京病院(渋谷区)と、府中市にある都の関連施設。

 東京都以外では、新型コロナの専門病院として大阪市で市立十三市民病院が活用された。(共同通信)