[原爆忌75年 悲憤の記憶 沖縄の被爆者たち](2) 雛世志子さん(88) 沖縄市 市街地は「火の海」と化していた。75年前の広島。道という道に息絶えた人や瀕死(ひんし)の人々がいた。「焼けただれたり、ガラス片が体中に刺さったり」。